マリアナスタジオHOME / 機材レンタルキャンペーン / HVR-Z1J カメラ
高信頼性・高耐久性・安定した画像のために DigitalMaster登場
- HVR-Z1J カメラ -
エッジクロップ ダウンコンバート出力
HDVからのダウンコンバートタイプは、レターボックス、スクイーズに加え、画面中心を基準とした4:3の切り出しの「エッジクロップ」出力も可能ですので4:3モニターで視聴するコンテンツの制作に適しています。

DVCAM/DV(SP)方式の記録・再生にも対応
HDV1080i方式の記録・再生に加え、従来のSD環境でも利用できるよう、DVCAM方式(業務用DV方式)および、DV(SP)方式による記録・再生も可能です。

60i/50i(NTSC/PAL)の切替えが可能
記録方式を、日本国内の放送で使用されている60i(フィールド周波数60Hzのインターレース方式。NTSC)のほか
海外で使用されている50i(フィールド周波数50Hzのインターレース方式。PAL)に切り替えて使用することができます。

XLRタイプオーディオコネクター
外部音声入力のためのXLRタイプコネクターを2系統装備。
コンデンサーマイクロホンへのファンタム電源供給も可能です。
また、端子から入力したマイクやラインのオーディオ記録レベルをメーターで確認しながら、2chそれぞれ独立して調整できます。

AFアシスト
オートフォーカス設定中でもマニュアルフォーカス動作を有効にできます。

タイムコードとユーザーズビットのプリセットが可能
編集に欠かせないタイムコードのプリセットが可能です。
DF/NDF、REC RUN/FREE RUN、PRESET/REGENEの選択もできます。
また、ユーザーズビットのプリセットにも対応し、16進数8桁までの情報(日付・時刻・シーン番号など)を記録できます。

モノクロ/カラー切り替えビューファインダー
ビューファインダーは、フォーカス合わせのための
視認性が高いモノクロ表示ができます。
また、カラーLCDモニターとの同時点灯も可能です。

カラーイコライザー"色選択"と"色補正"
"色選択"…画面内の特定の色を指定し(2色まで設定可)、その色だけを残して他はモノクロで撮影できるユニークな機能です
"色補正"…メモリに設定した色のRレベルとBレベルを変更し
色補正をして撮影できます。紅葉の赤を濃くしたり海の青をより青くしたりピンポイントで補正できる優れものです。
 

詳しくは お問合せください。皆様のご用命お待ちしております!
    HOME ≫